名古屋市の車両運行管理請負業務はビジネスサポートへ

営業時間00:00〜00:00 休日:土・日・祝日 052-324-6850

選ばれる理由

安全への取り組み

ホーム > 選ばれる理由 > 安全への取り組み

安全運転指導員よりメッセージ

(1:16)

安全運転講習会

刻々と移り変わる自動車社会に適応していくためには、最新の交通事故情報や法律の勉強は欠かせません。
当社では、定期的に外部講師(愛知県警・自動車事故対策センター・損保会社)を招き入れ講演を行って頂き現在社会の情勢を把握することに努めています。
その結果、会社全体の事故防止への士気と運行管理者のプロ意識向上へとシナジー効果を生み出しています。

管理者研修

運行管理責任者は、各現場の送迎業務が毎日「何事もなく遂行」されることを「当たり前」としています。
毎日「何事もなく遂行」されるためには、危険リスクを先に予知することが「事故防止」の第一歩となります。
時には現場に出て調査をして運行管理者(ドライバー)と一緒に「安全実施項目」を創り上げていくことが大切となります。
日々、課題を探し安全と安心へ挑戦することが運行管理責任者の使命です。

実車体験研修

当社の運転研修で一番重点に実施していることは、体験研修です。ドライバーとして業務につくとどうしても「事故」に注意が集中しがちです。
もちろんそれも大切なのですが、忘れがちなのが「乗客」の気持ちになって運転することです。
たとえば、急発進・急ブレーキ・急ハンドルなどは、危険を回避するために避けられない操作ではありますが、如何に乗客に負担のない回避操作をするか。もっと言えば如何に回避しなくても良い運転を心掛けるかが、1番大事なことです。
当社の体験研修では、実際に自分自身が「乗客」となって車イスで乗車して、参加者で意見交換をして自分の感じたことと相手の感じることを知り明日からの運転に活かしています。

運転適性診断

当社の入社研修では、外部団体の「独立行政法人 自動車事故対策機構」にて初任者診断を受講します。
科学的に診断された結果をもとに、個人研修を実施したりコーチングを行ったりして研修精度を高めていくことで、本人の納得理解度を深めています。
ここで大切なことは、優れていることと劣っていることの認識です。人は誰しも万能ではありません。
大切なことは、個々其々の運転特性を見極めその状態に応じて継続指導していくことです。
「私はこの部分が苦手」ということを本人が認識して普段から注意していられれば、事故発生率は限りなく「0」となります。

1次救命処置

当社の運行管理者(ドライバー)及び運行管理責任者は、1次救命処置の認定講習(日本赤十字社)を順次受講してます。
送迎現場では、万が一の場合ドライバーが乗客の命を守るために必要な処置が求められます。
如何なる状況でも緊急時に求められる最も大切なことは、「冷静な判断力」です。
その冷静な判断力の裏付けは、「知識」と「訓練」から生み出される「知恵」しかありません。
このような知識が求められる状況が発生しないことを祈りながら、万が一の場合でも対処できる技術を身に付けています。

お問合せ・資料請求

資料請求はこちら

TOPへ戻る