トップページ > 選ばれる理由 > 自動車運行管理業の強み

選ばれる理由自動車運行管理業の強み

株式会社ビジネスサポートが提供する
自動車運行管理のメソッド

当社の自動車運行管理サービスには、社会性(地域貢献)、人間性(雇用創出)、科学性(物心利益)の3つを実現することを目的に形成されております。
代表取締役 今枝弘之(創業者)が、自動車運行管理業界ひとすじに生きてきた中で、「お客様」「社会」「弊社」の「三方よし」を最良のバランスで考案し提供させていただいております。

1.送迎車両の日常点検・清掃・感染対策

送迎車両の車種に適した日常点検(自動車運送法)を毎日実施して記録しています。
特にタイヤの摩耗、ひび割れ、空気圧は、厳冬猛暑の気圧変化により劣化が生まれることから毎日の点検が欠かせません。
また新型コロナ感染症、インフルエンザ、ノロウィルス対策として、車内に持ち込まない(乗車前検温)、車内から持ち出さない(体調不良者の降車保持)を乗降車基準として、車内感染予防策では、次亜塩素系の薬液を使用した散布、消毒清掃を送迎前後に実施しております。

2.運転手のアルコールチェック
について

2022年4月から改正道路運送法規則が順次施行されており、白ナンバー事業者もアルコールチェックが必須となり、さらに同年10月1日からは、チェック時にアルコール検知器を使用しなくてはならなくなるなど、段階的に厳格化していきます。
また、その確認記録も保存が義務付けられますので、弊社では4月から全ての現場にアルコール検知器を配備して、チェック・記録体制を構築するだけでなく、お客様との情報共有を図り共に法令順守に取り組んでおります。

3.送迎車両は、管理請負自動車保険に加入します

管理請負自動車保険とは、自動車運行管理業者が運行管理全般を請け負った送迎車両について、自らを被保険者として保険契約します。
自動車運行管理業者とは、運行管理全般を請け負うことを条件としているので、運転業務のみを提供する業者(ドライバー派遣会社など)は自動車運行管理業者にはなりません。
また、お客様の従業員様が送迎車両を併用する場合、お客様が契約している自動車任意保険を解約する必要はなく、弊社は管理請負自動車保険を追加契約できますのでご安心ください。

4.次世代AIドライブレコーダー

弊社が設置しているAIドラレコでは、どの車両にいつ誰が乗っても自動でドライバーを識別し社員情報と紐づけることができます。そのため乗車して運転をするだけで、ドライバー別のレポートが自動作成され、WEB画面上で本部の運行管理者が確認しております。
また、ドライバー別の運転データ単位でアカウントが作成されるため、各ドライバーは自分の運転データだけがまとまった専用ページを確認することができることから、運行管理者の安全運転指導の機会が少なくなりがちなドライバーであっても、自分の運転を自分自身で振り返ることを1か月毎に義務化していることで運転の改善を継続しております。

5.交通事故が起きてしまった場合

事故発生→乗客及び相手方の怪我などの身体確認→110番及び119番通報→お客様・当社への報告。送迎業務時の事故発生では、緊急時連絡手順に沿って人命救助を最優先に行動します。また事故により車両の自走不可、ドライバーが乗務困難となった場合は、弊社管理スタッフによる代務又は提携業者(タクシー事業者など)の代替輸送など最善の方法で対処します。事故時は、乗客の安全確保を第一に考えて、お客様との連携を図り自動車運行管理会社として責任を果たすという心構えで取り組んでおりますことから、これまでに事故対応によりお客様からクレーム及び契約解除を受けたことはありません。(2022年現在)

6.運転手の素早い採用について

弊社では、人材調達専門チーム(ESチーム)が全ての採用活動を仕切ります。
ESチームは、大手求人会社とアライアンスを組み全国47都道府県の求人関連媒体(web、雑誌、折込チラシ、地域紙、SNSなど)と採用条件をモニタリングしており採用時に適切な求人条件と媒体で応募者を獲得するだけでなく、リモート面接を活用することでスピード感を持って、次段階へと繋げております。

7.運転手の欠勤対応、勤怠管理・交代条件について

運転手が欠勤する場合は、弊社が代務対応します。
弊社では、①現場内でフォロー体制を構築する。②代務専門スタッフでフォロー体制を構築する。③代替輸送を依頼できる旅客運送会社と協定を結ぶ。を前提に運行管理を遂行しています。また車両に弊社専用タブレットを設置することで、運転手と運行サポートチームがリアルタイムで繋がることにより変動するシフト調整、健康状態の把握、コミュニケーションを可能としています。また運転手の交代条件では、①人間性 ②業務能力 ③年齢を判断基準として必要に応じたローテーションを図っております。

8.お客様、社会、弊社の三方よし体制

お客様に送迎バスを導入していただくことで、社員様の通勤環境を改善及び安定確保できます。また既存の送迎業務を弊社に委託していただくことでも、お客様の運行担当者は煩雑な労務管理業務(運転手採用、教育、勤怠・労務管理、事故対応など)から解放されます。さらに社員様がマイカー通勤から送迎バスを利用した「エコ通勤」に切り替えることで地域社会における渋滞緩和、交通事故リスク、騒音・CO2低減など環境改善に大きく貢献します。そして弊社は車両運行管理業務を通じて、雇用を創出していきます。

9.委託会社のセカンドオピニオンを強く勧めます

既に運行管理業務を委託されている場合、年数が経過することにより契約条件が送迎環境に見合っていないケースが多く見受けられます。本来であれば、委託会社の営業担当者が定期的に訪問するなどして「改善提案」をしていき契約内容の経年劣化、契約当初の環境と現在の環境との乖離を改善していくことが理想でありますが、現実は定期訪問でさえ皆無であることが多いようです。
弊社では、「日本一まじめな自動車運行管理会社」をテーマに掲げ、「委託現場の徹底的な見える化」を同業他社との差別化としています。業務管理プロセスにデジタルツールを数多く採用することによりお客様との情報共有をリアルタイムで実現しています。
弊社に問い合わせをいただく内容に「ドライバーが委託会社の愚痴を言う」「営業担当者が来ない」「トラブル対応が遅い」「委託料に見合っていないようだ」などがありますが、弊社の顧客からこうした不満を抱かせないことをお約束します。

送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ

スピード対応が自慢です!
車両運行管理サービスならお気軽にお問合せください。

スピード対応が自慢です!

  • 資料請求する資料請求する
  • オンライン商談実施中
  • 車両運行管理ラボ
Copyright(C) 2022ビジネスサポート. All Rights Reserved.