トップページ > 用語集 > は行 > ハイドロプレーニング現象(水膜現象)

わかりやすい用語集

ハイドロプレーニング現象(水膜現象)

解説

水がたまった道路を高速走行すると、タイヤと道路の間に水の膜ができてしまい、車が浮いた状態になってしまう現象のこと。浮いたように空回りをするので、ハンドルやブレーキがきかなくなります。このようなときは、両手でハンドルを押さえてエンジンブレーキを使用し、ゆるやかに速度を落とすこと。この現象を防ぐには、水のたまりやすいわだちを避け、速度を控えめにして走行することが大切です。タイヤ溝の摩耗や不適正な空気圧も挙げられます。予防のためにも普段からタイヤのチェックもしましょう。

用語集トップ
送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ

スピード対応が自慢です!
車両運行管理サービスならお気軽にお問合せください。

スピード対応が自慢です!

  • 資料請求する資料請求する
  • オンライン商談実施中
  • 車両運行管理ラボ
Copyright(C) 2022ビジネスサポート. All Rights Reserved.