トップページ > 車両運行管理ラボ > 車両運行管理業にもAIやデジタル技術の活用が必要な理由

自動車運行管理ラボ

2022.07.09 自動車運行管理DX 車両運行管理業にもAIやデジタル技術の活用が必要な理由

AIチャットボット 背景

近年、AIの目まぐるしい進化が進んでいます。今後データとデジタル技術の活用(DX)が推進される社会では、AIの活用が不可欠です。

車両運行管理業界や送迎業界では、近い将来労働力の不足が予想されるなかドライバーの確保や教育が重要になってきます。新人教育などの業務負担の軽減のため、ビジネスサポートでは従来のチャットボットにAIを搭載したAIチャットボットに注目しています。

本記事では、車両運行管理業界や送迎業でAIチャットボットの利用が有効的だとされる背景や導入することのメリット、実際に弊社で利用している事例をご紹介します。

今後AIチャットボットが必要になる理由

AIチャットボット 背景

車両運行管理業界や送迎業界にとって、常に安定した業務を行うためドライバーの人材確保と教育は欠かせません。今後、少子高齢化による人口減少や感染症対策のためデジタル技術の活用(DX)が必要になることからAIチャットボットが業務負担の軽減に有効的だと注目されています。

これから、車両運行管理業界や送迎業界にAIチャットボットが必要になる理由を詳しくお伝えします。

 

1.人口減少に伴う労働力の減少

日本では急激な少子高齢化の影響により2008年をピークに総人口が減少に転じ、人口減少時代を迎えました。2020年の国勢調査では、日本の人口は1億2614万人で、5年前から約95万人減少したと発表されています。2100年には、日本の人口は6000万人程度と今の半数に減少することが予測されています。

そして人口の減少に伴い、人口構成も65歳以上の高齢人口が14歳未満の若年人口の割合を上回るようになりました。15歳から64歳の生産人口は、2040年には5,978万人(53.9%)と減少することが推計されており働ける人が減少し、どの業界でも慢性的な人手不足に陥る時代がやってきます。

もちろん運行管理業・送迎にも現象の波は来ており、「企業短期経済観測(短観)調査」の雇用人材判断指数において、宿泊・飲食サービスに次ぐ人材不足であることが明らかにされました。限られた人材の中で効率化に取り組むことが必須となっています。

2.人材の多様化

労働人口が減少することから、多様な人材を活用していくことが重要になります。人手不足の解消のため、今後はシニアや外国人などの採用も積極的に行うことが必要です。人手不足が解消する反面、人材が多様化することにより企業にとってこれまでよりもさらに新人教育における時間や負担が大きくなります。

3.コロナ対策

新型コロナ感染症の拡大により、これからの企業活動にも大きな変化が予想されます。密を避けるため、リアルな対面から非対面・非接触のデジタル・コンタクトレスへシフトしており、社会全体が最先端のデジタル技術を使いこなすことが当たり前になりつつあります。世界的に人の移動や接触が制限される状況のため、企業は早急にDXの推進が必要だと言えるでしょう。

会社の発展には、AIの活用が必要不可欠

今後の会社や事業の発展には、労働力の減少・人材の多様化など乗り越えなければならない様々な問題があり、事業を継続・発展していくために必要な対策が「データとデジタル技術の活用(DX)」です。

DXに取り組むためには、まず「業務課題抽出」「既存データ抽出」「改善案の立案」など現在の状況を把握し改善のための計画を立てます。次に「課題解決」「データクレンジング(整理)」「効率化の立案」を行い、デジタル化で業務改善を図ります。最終的に、「効率化サイクルの策定」「データ活用(可用性)」「業務改革・業務推進」などデジタル化後の効率改革に取り組んでいきます。

AIチャットボット 背景

貴重な人的リソースを最適に使うため、AIを活用し業務のデジタル化を進めることがDXの目的となります。

AIチャットボットを導入するメリット

企業にとってAIチャットボットを導入することでの具体的なメリットは、社内の問い合わせをAIに一任することができ、現場だけでなく本部人員の時間を有効活用できるようになることです。

AIの搭載されていない通常のチャットボットでは、すべての回答シナリオを事前に作成しなくてはならないほか、順次シナリオ内容のメンテナンスを行う必要があります。また、質問選択式では対応しきれない問い合わせもしばしば。

一方AIチャットボットは質問者の自由記述やタブレットのマイクから質問を拾い、問い合わせに合った回答をAIが自動的に判断して応答してくれるため、非常に汎用性が高いです。チャットボットが自ら学習することで、通常のチャットボットよりもメンテナンスにかかる労力が大幅に削減されました。

AIチャットボットは手間なく、これまでの業務負担を軽減できることから、業務の効率化が期待できます。

ビジネスサポートでの実際の活用事例

実際にビジネスサポートではAIチャットボットを導入し、各地の現場利用を行っています。

「午後休みたい」「事故を起こしてしまったらどうしたらいい?」など、現場の人材から聞かれる質問は共通することが多く、毎回現場監督が答えるのは手間がかかっておりました。そこで一次対応をAIチャットボットに任せ、解決しなかったことだけを対応するようになったことで、対応の負担や遅れをなくす事ができるように。

AIチャットボットは、AIの学習機能から適切な回答が出来ることで新人ドライバーの疑問を迅速に解決することが可能です。それにより、新人教育にかかる時間や現場の負担軽減に繋がっています。

データとデジタル技術の活用(DX)の推進を進めるビジネスサポート

AIチャットボット 背景

今後は、AIチャットボットが日本の人口・労働力の減少や人材の多様化、コロナ対策などの背景からよりDX化が必要とされていく世の中になります。経済産業省も、2025年までにAIやITを使いこなせるようにならなければ、現在の負担が今以上に増える「2025年の壁」を宣言しています。

AIチャットボットを導入するメリットは、社内の問い合わせを一任出来ることです。業務負担が減ることで、貴重な人的リソースを確保することが可能になります。これから企業は、AIを活用し業務のデジタル化を進めることで業務の効率化を図る、DX化の推進が必要とされます。

DX化の一環として、ビジネスサポートではAIチャットボットを実際に導入しており、新人ドライバーの教育などに役立っています。AIで個別に迅速な回答を行えることで、新人教育の時間や負担の軽減につながりました。今後もビジネスサポートは、現場の効率化や負担軽減を目指しDX化を推進していきます。送迎業務でお困りの方はぜひ、ビジネスサポートへご依頼ください。

送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ

スピード対応が自慢です!
車両運行管理サービスならお気軽にお問合せください。

スピード対応が自慢です!

  • 資料請求する資料請求する
  • オンライン商談実施中
  • 車両運行管理ラボ
Copyright(C) 2022ビジネスサポート. All Rights Reserved.