トップページ > 車両運行管理ラボ > 専属運転手とは?意味や活用するメリットについて徹底解説

自動車運行管理ラボ

2022.06.25 運行管理 専属運転手とは?意味や活用するメリットについて徹底解説

専属運転手

「送迎業務を任せられる人材がいない…」「役員の送迎などは、安全な質の良い運転にしたい…」とお考えではありませんでしょうか?

企業の運転業務は、人手が少ない中だと正直負担が大きいです。また、その送迎業務が社長や役員などの送迎だとなおさら安全に気を使い、質の高い運転が求められるでしょう。ただでさえ通常の業務で忙しいのに、送迎業務にさらに気を遣わなければならないとなると、かなりの負担になります。

そこで今回の記事では、企業の社長や役員などを目的地まで送り届けてくれる専属運転手について解説します。

専属運転手とは?

専属運転手とは、職業運転手の中でも、企業の社長や役員などを目的地まで送迎する運転手のことを言います。専属運転手は雇用主の持っている車両を利用して送迎を行います。

現代でも、雇用として専属運転手を雇っている企業もありますが、コスト削減や業務の負担を減らすことで社内環境の改善などを狙って、専属運転手を外部に委託するケースが多くなっています。外部に委託すると、年間の契約から3ヶ月などのスポット契約まであり、幅広く対応できて便利なことから、多くの企業利用がされています。

専属運転手の外部委託はどんなことをしてくれるのか?

専属運転手

専属運転手を外部委託すると、送迎業務を実施してくれるのはもちろんですが、それ以外にも実施してくれるものがあり、大変便利です。実際の業務内容を解説していきます。

 

運転業務に関すること全て

企業の社長や役員などを目的地まで送迎するのはもちろんですが、運転に伴う管理業務なども一貫して委託することが可能です。運転士の手配、労務管理などもまとめて委託でき、業務改善ができるでしょう。また、委託先の運転士も、運行に関する教育・研修を受けて、運転技能の向上に努めている運転士なので安心して業務を任せることができます。

車両のメンテナンス

使用している車両のメンテナンスでは、日頃の車両の点検整備や定期点検なども実施し、燃料や油脂類なども必要に応じて対応をします。トラブルを避けるために事前チェックを行ったり、車内環境のために清掃を行ったり、乗車する方が快適に過ごせるための環境づくりに努めてくれます。

事故などの対応

万が一事故などが起こったり、何かトラブルがあったりした際も、全て対応は委託先が実施します。事故をした相手との対応や、車両に関しての修理対応など、しっかりと委託先が全て対応してくれるので、依頼側が実施することはそれほどありません。事故に備えるための保険加入もしているので、万が一の際も日々の運行に支障は生じません。

専属運転手の外部委託のメリット

専属運転手

ここからは、専属運転手を外部に委託することにより、企業にとってどのようなメリットをもたらすのか解説していきます。

 

乗客のために安全な心地よい運転を実施できる

企業の社長や役員の送迎というと、正直すごく荷が重く感じてしまうでしょう。発進やブレーキなど運転の一つ一つに気を遣って、スムーズかつ安全な運転が求められます。「自分の運転で気を損ねてしまわないだろうか…」と考えて運転してしまうかもしれません。

しかし、そんな気を使ってしまう業務でも委託することで、運転技能の向上に努めている運転士が業務を実施してくれるので、安心して任せることができます。

社内業務の負担が減る

専属運転手を委託して送迎の業務が減ると、社内業務の負担が減ります。業務そのものから管理まで送迎の業務に関すること全てを委託できるので、業務の負担が大きく減ります。車内の従業員としても負担が減り、通常の業務にしっかり取り組むことができるようになるので、従業員の満足度向上・社内環境の改善に繋がります。

リソースの削減

専属運転手を委託することにより、お金・時間ともにコストが削減可能となります。

まず、専属運転手を委託することは、特に自社で雇用をしている訳ではないので、給料や社会保険の費用などは必要になりません。委託する会社への委託料は必要になりますが、自社で労働者を雇うよりも、費用的なコストは押さえることができます。

また、運転業務や運転に関する業務の管理などが全て委託できるので、送迎業務に関しての時間が一切かからず、時間的なコストも削減ができます。前述しましたが、時間のコストが削減できると、社内全体の環境改善に繋がるでしょう。

専属運転手の外部委託を活用しよう

専属運転手

送迎業務は企業にとって負担が大きく、それが社長や役員の送迎となると精神的にも気を使わないといけなくなるので、さらに負担になりかねません。専属運転手の外部委託を活用し、送迎業務に関して一貫してお任せすると、社内全体の負担軽減に繋がります。負担が1つ減るだけでも大きな変化があるでしょう。自社にとって専属運転手の外部委託がメリットが大きければ、ぜひ活用なさってみてください。

送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ

スピード対応が自慢です!
車両運行管理サービスならお気軽にお問合せください。

スピード対応が自慢です!

  • 資料請求する資料請求する
  • オンライン商談実施中
  • 車両運行管理ラボ
Copyright(C) 2022ビジネスサポート. All Rights Reserved.