トップページ > 車両運行管理ラボ > AIチャットボットが送迎業務にもたらす効率改革とは|違いを解説

自動車運行管理ラボ

2022.07.09 自動車運行管理DX AIチャットボットが送迎業務にもたらす効率改革とは|違いを解説

AIチャットボットの特徴・違い

定型的な社内の質問や、お客様の簡単な質問に対しての受け答えを自動化するためにチャットボットを導入する企業が増えております。しかし従来のチャットボットは運用までに手間がかかり、導入しても使いこなせていない企業が多いのが現状です。もしかしたら皆さんの中にも「業務効率向上のためにチャットボットを導入したが、導入や運用に手間がかかってしまっている」という課題はありませんでしょうか。

しかし最近、AIチャットボットというツールが登場し、「従来のチャットボットより導入・運用が簡単」ということで多くの企業に取り入れられております。

そこで弊社はAIチャットボットを導入し、現場と本部の連携や現場の負担軽減に勤めています。車両運行管理業界でどのようにAIチャットボットを利用しているかご覧ください。

AIチャットボットとは

AIチャットボットの特徴・違い

そもそもチャットボットとは、人間と会話しているような受け答えを自動でロボットが行ってくれるツールです。Webサイトなどを見ていると、小さな画面がポップアップされて、「何かご質問はありますか?」など質問を受け答えするようなものを見たことはないでしょうか?チャットボットは、ロボットに会話をプログラミングすることで、自動的な受け答えを実施することができます。

そんなチャットボットの1つとして「AIチャットボット」があります。AIを搭載していることによって、より高性能で自然なコミュニケーションが実施できるようになっています。

AIチャットボットと従来のチャットボットの違い

そんな高性能なAIチャットボットですが、従来のチャットボットとは一線を画しています。AIチャットボットの優れている面や違いを解説していきます。

 

オープンな質問に対応可

従来のチャットボットは、入力フォームや選択肢を切り分けて対応するようなものが多く、定型化された対応が主とされていました。そのため利用者側の使いやすさはそれほど高くありません。

しかし、AIチャットボットは最初に用意したシナリオから利用者が繰り返し使用していくことで蓄積されたデータなどをもとにしてAIが自己学習し、オープンなQ&Aなど幅の広い質問にも精度を高めて対応するようになっていきます。

シナリオ作成に力を注がなくてよい

AIチャットボットでは以前よりもシナリオ作成にかかる労力が抑えられています。

従来のチャットボットは、あらかじめ受け答えのためのシナリオをすべて設定しなければいけませんでした。受け答えは設定したシナリオに沿うことしかできないため、想定されていない質問には対応ができないのです。

しかしAIチャットボットは使うほどに機械学習を行うため、フリーワードの会話から自動的に答えを抽出します。また、Q&Aを一つ登録するだけで同じ意味の様々な言い回しを理解し、正しい回答へ導きます。例えば、「今の時間は?」という質問を設定しておくと、「今は何時何分?」という質問にも対応が可能です。

AIチャットボットを活用するメリット

AIチャットボットの特徴・違い

従来のチャットボットとは違い、機械学習を活用する高性能なAIチャットボットの優れている面を踏まえて、私たちにもたらされるメリットを解説していきます。

 

導入・運用が簡単

AIチャットボットはシナリオ作成の負担が少ないため、導入・運用が簡単です。Q&Aデータを登録すると運用していくことで自動で機械学習が行われ、導入後のメンテナンスにかかる時間も少なくて済みます。

従来のチャットボットだと、まず受け答えのためのシナリオ作成が必要となり、質問に対しての受け答えを予測して1つ1つ作成・設定をしなければいけないので、運用までにとても時間がかかり、導入するのにも一苦労です。

しかしAIチャットボットだと、シナリオ作成の時間が大きく短縮できるので、すぐ運用に取り掛かることができ、迅速な業務の改善に繋げることができるのです。

社内の問い合わせを自動化できる

AIチャットボットを活用することで、社内の問い合わせを自動化することが可能になります。一般的に社内のサポートデスクに寄せられる質問の内、7割から8割は定型的な回答で対応できる内容だと言われています。1つ1つ対応することも大切ですが、サポート部署の負担が大きいため、寄せられる質問に対する回答を自動化できると業務の改善に繋がりますよね。

AIチャットボットは、定型的な質問に対して自動的に回答することができ、自動化が可能になるのです。前述したように、Q&Aを一つ登録するだけで同じ意味の様々な言い回しを理解し、正しい回答へ導くことができるので、幅広い問い合わせに対応可能です。定型的な業務はAIチャットボットに任せることで、社内の従業員たちは高度な対応が求められる業務に取り組むことができるようになります。

質問と回答の状況を数値化して経営に活用

AIチャットボットはデータ化ができるという強みがあるため、質問・回答の状況を数値化して経営に活用することができます。

「どのような質問があったか?」「どのような質問が多かったのか?」ということをすべてデータ化し、蓄積することができます。

AIチャットボットはオープンな質問に対応が可能なので、リアルな生の声・質問を聴くことができ、そのリアルな生の声・質問を、データによって可視化することで、会社の経営資源として活用できるのです。データをもとに、今後の方向性や改善すべき点などが理解できるので、AI経営が実現できるでしょう。

AIチャットボットを活用して業務効率向上へ

AIチャットボットの特徴・違い

チャットボットにAIの機械学習による自動思考を加えたAIチャットボットは、よりオープンな会話が可能になり、様々な問い合わせに対応できるようになっています。

社内のサポートデスク担当に大きな負担がかかっている場合や、人手不足で顧客への対応が疎かになっている場合などは、AIチャットボットを導入することで課題解決・業務改善に役立ちます。ぜひAIチャットボットを導入し、社内の業務効率向上のきっかけにされてみてはいかがでしょうか。

送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ

スピード対応が自慢です!
車両運行管理サービスならお気軽にお問合せください。

スピード対応が自慢です!

  • 資料請求する資料請求する
  • オンライン商談実施中
  • 車両運行管理ラボ
Copyright(C) 2022ビジネスサポート. All Rights Reserved.