トップページ > 車両運行管理ラボ > 派遣スタッフ用送迎バスを運行する理由とは?2種類の運行方法も紹介

自動車運行管理ラボ

2022.07.20 運行管理 派遣スタッフ用送迎バスを運行する理由とは?2種類の運行方法も紹介

派遣スタッフ送迎バス

派遣スタッフと契約する際、駅や寮などから事業所までの送迎バスを用意するケースがあります。しかし「派遣スタッフ向けの送迎バスを用意した方がいいの?」「派遣スタッフ向けの送迎バスはどのように運行したらいいの?」と悩まれるご担当者様も多くいます。

そこで今回は、派遣スタッフ向けの送迎バスを用意する理由やメリットを解説します。運行方法についても解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

派遣スタッフ向けの送迎バスを用意する理由

人材を必要とする派遣先企業とスタッフ派遣契約をする際、事業所によっては派遣スタッフ向けの送迎バスを用意することがあります。送迎バスは工業地帯の中にある工場や市街地から離れた事業所などで利用されています。

送迎バスを用意する大きな理由は、公共交通機関が不便、もしくはまったくないことです。車がなければ通勤が困難な場合に、派遣スタッフ向けの送迎バスが運行されます。

派遣先企業が送迎バスを準備することができない場合、顧客満足度を高めるために派遣会社が送迎の仕組みを用意することもあります。

 

派遣スタッフ向けの送迎バスを用意する4つのメリット

派遣スタッフ送迎バス

派遣スタッフ向けの送迎バスを用意するメリットは、主に次の4つです。

  • スタッフを集めやすい
  • 大規模な駐車場が不要
  • 労災の可能性を下げられる
  • 派遣先企業の満足度が高まる

それぞれの項目について、詳しく解説します。

 

スタッフを集めやすい

派遣スタッフとして働く人の中には、自家用車や免許を持っていない人も多くいます。通勤に自家用車が必須となる場合、それだけで働ける人の数が減ってしまうでしょう。しかし、駅やバス停などから送迎バスで通勤できるのであれば、通勤が可能な人が増えます。多くの人を必要としている事業所ほど、送迎バスを用意するメリットが大きいと言えるでしょう。

また、通勤にはストレスがつきものです。通勤で生じるストレスの例として、次のようなものが挙げられます。

  • 座席に座れず立ったままでの移動
  • 公共交通機関の本数が少ないために生まれる無駄な時間
  • 悪天候の場合の徒歩移動
  • 事故やトラブルによる公共交通機関の遅延

上記の通勤ストレスは、どれも送迎の仕組みを導入すれば軽減するものばかりです。例えば、派遣スタッフの人数に合わせて送迎バスを導入すればみんなが座って通勤できますし、始業時間に合わせて運行すれば無駄な時間を減らせます。また、徒歩移動の距離が少なければ天候が悪くても気になりにくいことに加え、公共交通機関に比べて遅延や運休の可能性が低いこともメリットです。派遣スタッフの通勤ストレスを減らせば、その分のエネルギーを仕事に注いでもらえる可能性があります。

 

大規模な駐車場が不要

派遣スタッフを含むすべてのスタッフが自家用車で通勤する場合、人数に応じた広さの駐車場が必要です。時期によって契約する派遣スタッフの人数に繁閑差がある場合でも、常に多くの駐車場を確保しておかなければなりません。しかし、送迎を導入すれば、駐車場は送迎バスの分だけ確保すれば大丈夫です。十分な駐車スペースを用意できない場合にも、送迎バスが役立ちます。

 

労災の可能性を下げられる

通勤中の事故は、労災に該当します。派遣スタッフの場合、実際に労災保険を使用するのは派遣元の会社ですが、派遣スタッフを受け入れる企業でも発生状況の説明や各種書類の作成などを行わなければならず、手間がかかります。送迎バスを導入すると、1台に多くのスタッフがまとめて乗ることで事故の確率が下がります。プロのドライバーが運転する送迎バスであれば、さらに事故の可能性を減らせるでしょう。

 

派遣先企業の満足度が高まる

派遣先企業の立地によっては、公共交通機関での通勤が困難なことがあります。その際には最寄りの駅から勤務地までの通勤バスを用意すればよいですが、人材の確保や車両の管理が面倒だと考える企業も少なくありません。

そこで送迎バスを代わりに運行することで、派遣先企業は手間が減り、顧客満足度の向上にもつながるのです。

 

派遣スタッフ送迎バスの運行方法は2種類

派遣スタッフ送迎バスの運行方法は、主に次の2種類です。

  • 自社スタッフによる運用
  • 代行業者による運用

それぞれの方法について、詳しく解説します。

 

自社スタッフによる運用

派遣スタッフの送迎バスを、自社スタッフによって運行している事業所も多くあります。自社スタッフによる運用では、運転専門のスタッフを雇用する場合と既存のスタッフが運転業務を行う場合の2種類に分けられます。

 

代行業者による運用

派遣スタッフ送迎バスの、代行業者を利用する方法もあります。さまざまな手間を省いて送迎バスを運行したい、送迎バスの運行をプロに任せたいなどの場合には、代行業者を利用すると便利です。

 

派遣スタッフ送迎バスの代行業者を利用する5つのメリット

派遣スタッフ送迎バスの代行業者を利用するのには、次の5つのメリットがあります。

  • 運行ルートの作成が不要
  • 運転手の欠勤に対応できる
  • 車両点検などの管理が不要
  • 必要なときだけ依頼できる
  • 万が一事故があっても対応の手間がかからない

それぞれの項目について、自社スタッフによる運行の場合と比較しながら解説します。

 

1.運行ルートの作成が不要

自社スタッフが送迎バスを運行する場合には、当然運行ルートの作成も自社で行わなければなりません。しかし、代行業者を利用する場合には、運行ルートの作成も代行業者が行います。最寄駅から勤務地までだけでなく、従業員の居住地へのルート作成も可能です。プロが運行ルートを作成することで、より効率よく運行できる可能性があります。

 

2.運転手の欠勤に対応できる

自社スタッフが送迎バスを運行する場合、運転を担当する社員が体調不良などで欠勤した場合には、代わりのスタッフを探さなければなりません。普段運転業務を行っていないスタッフが送迎バスを運転する場合、運行ルートの把握などに時間がかかることもあります。代行業者を利用する場合、普段のスタッフが欠勤した場合でも、代わりのスタッフを自社で探す必要はありません。

 

3.車両点検などの管理が不要

自社スタッフが送迎バスを運行する場合、運転手だけでなく車両の管理も必要です。日常的な点検は手間がかかるだけでなく、見落としが事故に繋がる可能性もあります。代行業者を利用すれば、手間がかからないだけでなく、プロが点検するので安心です。

 

4.必要なときだけ依頼できる

常に派遣スタッフを募集しているわけではなく、繁忙期だけの契約としている事業所も多くあります。自社で送迎バスを運行すると、繁忙期にも関わらず送迎バスを運転するためにリソースが奪われてしまいます。また、運転専門の社員を雇う場合、繁忙期以外にも仕事を用意しなければなりません。しかし、代行業者なら繁忙期だけ利用するなど、必要なときだけ依頼できます。

 

5.万が一事故があっても対応の手間がかからない

自社で送迎バスを運行していて、万が一事故が起きた場合には自社で対応を行わなければなりません。しかし、送迎代行を利用する場合には代行業者が事故対応を行います。つまり、事故対応にかかるさまざまな時間や手間を削減できます。

 

派遣スタッフ送迎バスの代行業者を利用するデメリット

派遣スタッフ送迎バス

派遣スタッフ送迎バスの代行業者を利用するデメリットは次の2つです。

  • 採用に直接関われない
  • 単発での依頼は割高になる可能性がある

それぞれの項目について、詳しく解説します。

 

採用に直接関われない

自社で送迎バスを運行する場合、他の業務を行う社員が運転する場合も、運転業務専門の社員を雇う場合にも、直接自社に合った人材を選べます。しかし、代行業者を利用する場合には、直接採用活動に関わることはできません。

 

単発での依頼は割高になる可能性がある

普段は自社で送迎バスを運行して、自社のスタッフが休みのときだけ代行業者を依頼するといった使い方も可能です。しかし、そのような単発での依頼は料金が割高になる可能性があります。また、当日の申し込みは受け付けていない代行業者が多いため、体調不良などによる突然の欠勤の際に代行業者に依頼するのは難しいと考えておいたほうが良いでしょう。

 

派遣スタッフ送迎バス導入で派遣スタッフの満足度が高まる

派遣スタッフ向けの送迎バスを用意することで、スタッフの満足度を高められることに加え、大規模な駐車場が不要になるなどのメリットがあります。派遣スタッフ向けの送迎バスの運行方法は、自社で運行するやり方と代行業者に依頼するやり方の2種類です。

代行業者への依頼はメリットが多いのですが、デメリットもあります。この記事を参考に、メリット・デメリットを理解したうえで、派遣スタッフ送迎バスの運行について考えてみてください。

送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ

スピード対応が自慢です!
車両運行管理サービスならお気軽にお問合せください。

スピード対応が自慢です!

  • 資料請求する資料請求する
  • オンライン商談実施中
  • 車両運行管理ラボ
Copyright(C) 2022ビジネスサポート. All Rights Reserved.