トップページ > 車両運行管理ラボ > 60歳から始める副業でおすすめの働き方は?選び方と選択肢を紹介

自動車運行管理ラボ

2024.01.25

カテゴリ:セミナー

タグ:

60歳から始める副業でおすすめの働き方は?選び方と選択肢を紹介

60歳から副業を始めたいけれど、どんな仕事を選べばいいのか迷っている方もいるでしょう。60歳からでも、副業で稼ぐ選択肢は数多くあります。

この記事では、60歳に最適な副業の選び方と、選択肢を紹介。さらに、副業選びの注意点も解説します。60歳で副業を始めたいと考えている方は、ぜひご覧ください。

60歳に最適な副業の選び方

60歳から始める副業選びでは、次のような点を考慮しましょう。それぞれ、詳しく解説します。

  • 体力に配慮した副業選び
  • 技術や経験を活かす副業選び
  • 在宅ワークがあればうれしい

体力に配慮した副業選び

60歳での副業選びにおいて、体力に配慮することは非常に重要です。この年齢層では、若い頃と比べて体力や持久力に自然と限界が出てくるため、無理のない範囲で仕事を選ばなければなりません。

長時間の立ち仕事や重労働を伴う職種は避け、軽度な身体活動を伴う仕事を選ぶとよいでしょう。健康を保ちながら、充実した副業生活を送るためには、自身の体力に合った副業を選ぶことが何よりも大切です。

技術や経験を活かす副業選び

60歳になると、長年のキャリアや趣味から培った独自の技術や経験が豊富に蓄積されています。技術や経験を活かした副業であれば、新しいことを学ぶ必要が少なく、すぐに始められます。さらに専門性を活かせば、他の人よりも優位に立てる可能性もあるのです。

たとえば、長年培った職業技術を活かしたコンサルティング業務や、専門的な執筆活動なども選択肢のひとつとなるでしょう。また、趣味の範疇で蓄積された木工や写真撮影などのスキルを活かして、ワークショップの開催やコンテンツの販売を行うことも可能です。

技術や経験を活かす副業選びができれば、単なる収入源でなく新たな生きがいや社会への貢献にもつながる可能性があります。

在宅ワークがあれば嬉しい

在宅ワークは通勤の必要がなく、自宅の快適な環境で仕事ができるため、60歳の副業の選択肢として適しています。体力的な負担が少なく、時間の管理がしやすい点はメリットといえるでしょう。また、新型コロナウイルスの流行によりリモートワークの普及が加速したことで、在宅でできる仕事の種類も大幅に増えています。

在宅ワークには、データ入力のように特別な技術がなくても始められるものもあれば、Webデザインのように特定のスキルが必要なものもあります。在宅ワークを副業に選ぶのであれば、自分にあった仕事を探すとともに、自宅で快適に作業ができる環境を整えるとよいでしょう。

副業探しの選択肢

60歳の副業探しには、多数の選択肢があります。ここでは、代表的な例を紹介します。

  • 求人情報サイトでアルバイトを探す
  • クラウドソーシングで仕事を探す
  • シルバー人材センターに登録して仕事を探す
  • 手作り品を販売する

求人情報サイトでアルバイトを探す

求人情報サイトには多様な職種や勤務条件のアルバイトが掲載されています。自分のスキルや経験、希望する働き方を明確にしたうえで、アルバイトを探してみましょう。

60歳でアルバイトをするなら、次のような職種がおすすめです。

  • 送迎ドライバー
  • 受付・案内業務
  • コールセンター・テレフォンオペレーター
  • レジ業務
  • 軽作業
  • 清掃スタッフ
  • 介護・福祉関連

60代が働きやすい仕事の特徴や、おすすめの職種について詳しくは別記事「60代のアルバイトにおすすめの職種とは?働きやすい仕事の特徴も紹介」で解説していますのでぜひご覧ください。

クラウドソーシングで仕事を探す

クラウドソーシングとは、インターネットを通じて仕事の依頼と提供をマッチングさせるプラットフォームのことを指します。クラウドソーシングには、自宅や好きな場所で自分の都合に合わせて働ける仕事が多数掲載されています。自分のスキルを活かしつつ、好きなタイミングで働ける仕事も見つけやすいでしょう。

クラウドソーシングサイトで仕事を請ける際には、報酬額や納期、必要なスキルなどの条件をしっかり確認しておくことが重要です。活動を続けて評価が蓄積されれば、より良い条件の仕事を受注できる可能性も高まります。

シルバー人材センターに登録して仕事を探す

シルバー人材センターは、主に高齢者が地域社会に貢献するための仕事を提供する機関で、多様な職種を扱っています。シルバー人材センターを通じて、自分の経験やスキルを活かし、地域社会に貢献できます。

シルバー人材センターでは、例えば次のような仕事が提供されます。

  • 簡単なオフィスワーク
  • 軽作業
  • 地域のイベントのサポート
  • 清掃業務
  • 農業支援

地域密着型のサービスを提供しているため、地元での仕事を探している方には理想的な働き方だといえるでしょう。登録は通常最寄りのシルバー人材センターに連絡し、申し込みの手続きを進めます。

手作り品を販売する

趣味の作品があれば、それを販売して収入を得られる可能性があります。特にオンラインでの販売は幅広い顧客層にアプローチしやすく、地理的な制約を克服できるため効果的です。

販売を開始する前には、適切な販売プラットフォームを選ぶとともに、自分の作品を魅力的に見せるための写真と詳細な説明文を用意しましょう。材料費や制作時間、他の販売者の価格を考慮した価格設定も重要です。

副業を始める際の注意点

副業を始める際には、次のような注意点があります。それぞれ、詳しく解説します。

  • プライベートな時間の確保
  • 副業禁止規定の確認
  • 副業中の怪我に対する保険の確認

プライベートな時間の確保

副業は追加収入の可能性がある一方で、ライフバランスを崩さないよう注意が必要です。特に、定年退職後の人生を豊かに過ごすためには、趣味、家族との時間、休息などの個人的な時間も大切にしましょう。

副業を始める際は、追加収入の魅力にとらわれず、健康や幸福感を損なうことがないよう、自分のペースを見極めることが大切です。60歳の副業は、経済的な利益だけでなく、充実した生活を送るための手段であるべきです。そのためには、プライベートな時間の確保とバランスの取れたライフスタイルが不可欠となります。

副業禁止規定の確認

現在の雇用状況や所属組織によっては、副業が許可されていない場合があります。特にフルタイムで働いている人の場合、副業禁止規定が設けられている可能性が高いでしょう。

副業を始める前に、まず現在の職場の就業規則や契約条件を確認してください。多くの企業や機関では、従業員が副業を行うことに関して特定の規定やガイドラインを設けています。副業が完全に禁止されている場合、特定の条件下でのみ許可される場合、または完全に自由である場合など、様々な形態があるのです。

副業禁止の規定がある場合、これを無視して副業を行うと、解雇や懲戒処分のリスクが生じる可能性があります。そのため、副業を始める前には必ず確認し、必要に応じて雇用主や人事部門に相談することが重要です。

また、副業が許可されている場合でも、本業に支障をきたさないような配慮が求められます。本業との競合、時間管理、業務遂行能力の低下などが問題にならないよう、慎重に副業を選び、両立可能なスケジュールを計画しましょう。

副業中のケガに対する保険の確認

副業中に発生する可能性のある事故や怪我に備えることは、自身の健康を守るだけでなく、経済的な安定を維持するためにも重要です。

副業によって体を動かす機会が増える場合、年齢に応じた体力の限界を理解し、無理のない範囲で作業を行うことが肝心です。特に肉体労働を伴う仕事や、機械を操作する仕事では、事故のリスクが高まります。このような職種に就く場合、安全対策として適切な保護具の使用や作業方法の習得が必要です。

また、一般的にフルタイムの雇用では、労働者の保険が雇用主によって提供されますが、副業やフリーランスで働く場合、自分自身で保険を手配する必要があります。これには、労災保険や健康保険、場合によっては職業賠償責任保険の加入を検討することも含まれます。

60歳で副業を行う際には、副業に伴うリスクを十分に理解し、適切な保険に加入することで、万一の事故や健康問題が発生したときの対策を講じることが大切です。

まとめ

60歳からの副業は、老後を支える収入源となる可能性があるとともに、新しい出会いや学びをもたらします。アルバイトだけでなく、クラウドソーシングや作品の販売などさまざまな方法で収入を得られる可能性があるため、自分に合う副業を探してみましょう。

ただし、収入だけにとらわれるのではなく、自身の健康や安全への配慮も必要です。この記事が、60歳からの副業を探したい人の参考になれば幸いです。

送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ

スピード対応が自慢です!
車両運行管理サービスならお気軽にお問合せください。

スピード対応が自慢です!

  • 資料請求する資料請求する
  • 導入実績
  • 日本全国対応OK
  • 会社案内
  • よくあるご質問
Copyright(C) 2022ビジネスサポート. All Rights Reserved.