トップページ > 車両運行管理ラボ > 通所介護サービスの送迎に伴う感染症対策と業務負担の軽減方法

自動車運行管理ラボ

2022.06.23 感染予防 通所介護サービスの送迎に伴う感染症対策と業務負担の軽減方法

コロナウイルスの流行により、車やバスなど密室空間でのコロナウイルス感染防止対策が必須になりました。デイサービスなどの通所介護サービスの送迎は毎日行うため消毒や換気など対応することも多く、大変です。以前から介護職員の負担になっていた送迎がさらに時間や手間がかかることで、ストレスになってしまうのではないでしょうか。そこで本記事では、感染症対策で必要なこと、施設送迎サービスを導入するメリットと実施している感染予防対策についてご紹介します。

感染症対策で必要なこと

感染症対策といっても、何をすれば良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。まずは、代表的な感染症とその対策で必要なことについて解説します。

 

対策するべき感染症とは

病原体が体内に侵入する感染経路は、「空気感染」「飛沫感染」「接触感染」が挙げられます。

流行しているコロナウイルス以外にも12~3月に流行るインフルエンザやノロウイルスなどにも対策が必要です。

感染症対策の基本

コロナウイルス・インフルエンザは、感染者の口や鼻から、咳、くしゃみ、会話の時に排出されるウイルスを含む飛沫を吸収する「飛沫感染」、ノロウイルスは感染者の弁や嘔吐物に直接触れて手指がされて感染する「接触感染」などが感染系経路として多く見られます。

飛沫感染を防ぐため、食事中以外でのマスクの着用や人と十分な距離を保つこと、定期的な換気が必要です。また、接触感染を防ぐためには、手洗い・手指の消毒や人がよく触れる場所の消毒を徹底するようにしましょう。

施設送迎サポートを導入するメリット

感染症対策については分かったけど、実際毎日やるのは大変そうと思われるのではないでしょうか。介護職員にとって負担になっている送迎サービスは外部へ委託することが可能です。施設送迎サポートを導入するメリットをお伝えしていきます。

 

1.外部委託できることで職員の負担軽減に繋がる

送迎業務は、送迎用車両を安全に運転するだけでなく利用者の送迎スケジュールやルートの把握、乗降時の介助など対応すべきことが多く全員を送迎するために施設から送迎先まで複数回の往復が必要になります。また、送迎中の事故などリスクも伴います。職員が送迎業務を行うことは、業務負担が過多になるデメリットがあります。施設送迎サポートを導入することで、こうした負担が軽減されます。

2.徹底した感染予防対策を実施しており、安心して任せられる

感染症にはさまざまな感染経路があり、感染防止対策も実施する項目が多くあります。通常の送迎業務に加えて、感染症防止の対策も合わせて行う必要があり、職員の時間が大幅に割かれてしまうことになります。ビジネスサポートでは、送迎でなく徹底した感染防止対策も行なっているため、安心して任せることが可能です。

実施している感染予防対策

施設送迎サポートを行なっているビジネスサポートでは、お客様に安心してご利用いただけるよう政府および自治体等による感染拡大予防のための各種ガイドラインに基づき、感染予防対策に努めています。

 

【運転士】の感染症対策

コロナ対策 送迎

 

1.運転士の健康管理

出勤前の検温(37.5℃以上の場合、出勤停止)を実施し、過去2週間以内に濃厚接触者として自宅待機指示を受けたことがある場合や感冒様症状(喉・咽頭痛、倦怠感など)、味覚・嗅覚に異常がある場合は乗務を行わないようにしています。

2.乗務前~後まで行う手指アルコール消毒の徹底

乗務前から乗務後まで、運転士は定期的に手指のアルコール消毒を徹底しています。乗務中だけでなく休憩中なども消毒を行い、出来る限りの対策を実施しています。

3.マスク着用の義務化

運転士には、全員マスクの着用を義務付け飛散防止に努めています。

4.休憩室、事務所の定期的な換気、消毒

車両だけでなく運転士が使用する休憩室や事務所の換気・消毒も行っています。また、飛散防止のため出来る限り対面では座らない・1m以上の距離を離すなどの対策も徹底しています。

 

【車両】の感染症対策

コロナ対策 送迎

 

車内清掃・消毒(次亜塩素ナトリウムを使用)

お客様と運転士の健康と安全を守るために清掃および次亜塩素ナトリウムを使用して拭き取り消毒をし、菌繁殖の制御に努めています。また、消毒する際は、十分な換気後に実施しています。

車内換気の徹底

車両使用前後の換気はもちろん、送迎中も窓を少し開けて換気を促します。

お客様へマスク着用のお願い

運転士だけでなくお客様にも安全・快適にお過ごしいただくために、送迎中のマスクの着用、大声での会話を控えるなど感染防止対策へのご協力をお願いしています。

介護職員の業務負担軽減には、施設送迎サポートの活用を

感染症は、感染経路が多く対策の項目が多いため実施するためには時間と手間がかかります。介護職員の業務負担を軽減するために、施設送迎サービスを外部委託してみてはいかがでしょうか。

 

参考:貸切バスにおけるコロナウイルス対策 ガイドライン

送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ

スピード対応が自慢です!
車両運行管理サービスならお気軽にお問合せください。

スピード対応が自慢です!

  • 資料請求する資料請求する
  • オンライン商談実施中
  • 車両運行管理ラボ
Copyright(C) 2022ビジネスサポート. All Rights Reserved.