トップページ > 車両運行管理ラボ > AIチャットボットの導入が送迎業務にもたらす変化とは?

自動車運行管理ラボ

2022.07.10 自動車運行管理DX AIチャットボットの導入が送迎業務にもたらす変化とは?

AIチャットボット 導入

最近、「チャットボット」という人間と会話しているような受け答えを自動でロボットが行ってくれるツールが各業界で使われ始めています。そしてその中でも、自動で機械学習をして、オープンなQ&Aなど幅の広い質問にも対応可能な「AIチャットボット」は、企業の更なる事業拡大に繋がると注目されています。弊社も、AIチャットボットを導入し、現場と本部の連携や現場の負担軽減などに勤めています。

今回はそんなAIチャットボットを導入することで、企業にどのようなメリットをもたらすのかということを解説していきます。今回の記事を読んでぜひAIチャットボットをあなたの更なる事業拡大へ活用なさってみてくださいね。

AIチャットボットはどんなところで利用されている?

AIのみならずITシステムなどは、業務効率アップ・業務効率の改善のために幅広い業界で取り入れられています。従業員のサポートやお客様の対応の効率向上をしたい企業や、電話でお客様の対応を完結させるコールセンター、そして各地方の自治体にも利用がされています。

そんななかでもAIチャットボットはこれまでの問い合わせ業務やバックオフィスの負担を減らすことができます。

例えばこのような用途でAIチャットボットは活躍できます。

社外向け

  • ホームページに設置して、24時間365日お客様対応
  • お客様の声をダイレクトに拾ったマーケティング

 

社内向け

  • 社内の問い合わせを軽減し業務効率化
  • リモートワーク対応
  • 知識を全体に共有しスキルアップ

 

コールセンター

  • 非接触の質疑応答で管理業務の負担軽減
  • 知識を全体に共有しマルチスタッフの育成

 

自治体

  • ホームページへ設置して、24時間365日住民対応
  • 住民の声をダイレクトに拾ったマーケティング

 

AIチャットボットの導入

それだけ多くの企業や自治体に利用がされているAIチャットボットですが、導入することで様々な変化をもたらしてくれます。では実際には、どのような変化をもたらしているのでしょうか。

 

1.ビジネススピードの上昇

AIチャットボット 導入

AIチャットボットを社内・社外の両方に向けて設置することで、ビジネススピードを大幅に加速することができます。まず1つ目は、お客様のご対応や従業員の業務上での確認での活用です。AIチャットボットの活用で、どのような変化があるのか解説していきます。

 

知りたいことをスピーディーに知れて購買意欲アップ

まずお客様への応対にAIチャットボットを利用することで、お客様自身が知りたいことをスピーディーに知ることができ、購買意欲の向上に繋がります。AIチャットボットは、自動で機械学習し、オープンなQ&Aなど幅の広い質問にも精度を高めて対応するようになっていきます。

「はい」か「いいえ」だけの質問ではなく、オープンクエスチョンな問い合わせに対応可能なので、お客様の質問にもしっかり対応ができます。AIチャットボットに質問し、お客様が求めている情報をスピーディーに確認できることで余計な手間がかからず、購買意欲の向上に繋がるのです。

 

知りたいことをスピーディーに知れて業務スピードアップ

社内の業務上の疑問点などの確認にもAIチャットボットを利用することで、業務効率の向上に繋がります。前述したようにAIチャットボットはオープンクエスチョンな問い合わせに対応可能なので、社内の従業員たちが業務上の不明点を確認する際などにも活用ができます。

従業員たちの業務上での疑問などを1つ1つ対応することも大切ですが、全て対応しているとどうしても対応しきれない部分や、対応が遅くなってしまう部分もあります。そんな時にAIチャットボットを活用することで、業務上で知りたいことなどをスピーディーに確認でき、全体的な業務効率の向上に繋がります。

 

2.従業員の稼働効率が向上

AIチャットボット 導入
2つめは、今まで担当者がついていた業務をAIチャットボットに移管したした場合です。業務の一部をAIチャットボットに移管することで、どのような変化があったのか解説していきます。

 

顧客の細かなニーズに対応できるように

業務をAIチャットボットに移管して業務効率化され、空いたリソースで今まで対応できなかった顧客の細かなニーズに対応できるようになります。今までは担当者1人1人のタスクが多くなり、自らの業務をこなすことで手一杯になってしまっていました。

AIチャットボットに業務を移管することで、業務効率が向上し、業務や時間の余裕が発生します。その余裕を活用し、今まで対応できなかった顧客のニーズに対応したり、ニーズを満たすためのサービス向上に努めたりすることができるのです。

 

売上UPのための事業創出の時間などに転換

AIチャットボットを導入して業務が効率化することで、売上UPのための事業創出の時間などに活用することができます。前述したようにAIチャットボットを活用すると業務や時間の余裕ができるため、その時間を活用して売上を向上させるための施策を考えたり、更なる事業施策を考えたりする時間を作ることができます。

 

3.バックオフィスが強化する

AIチャットボット 導入

3つめは、AIチャットボットで支援部門のバックオフィスが強固になります。AIチャットボットをバックオフィスに導入して支援体制を構築したことにより、営業部の人員が強化され、売上が向上しています。

支援部門の定型的な業務がほとんどAIチャットボットに任せられるようになるので、企業の従業員は高度な対応が求められる業務に取り組むことができるようになります。

営業部門の担当を増やすことによるバックオフィスの負担増加にも耐えられるようになり、顧客へのさらなるサービス強化や、市場の変化に迅速に対応できるようになり、事業の拡大に繋がります。

AIチャットボットの導入で企業へ新しい変化を

AIチャットボットを導入を導入することにより、企業にとっては業務の効率向上に繋がり、様々な変化をもたらしてくれます。業務の効率化をして顧客へのサービスを向上させたい時や、さらなる事業拡大への施策を考えたい時などは、AIチャットボットを導入すると新しい変化が生まれるでしょう。

ぜひAIチャットボットを導入し、企業の新しい変化のきっかけにされてみてはいかがでしょうか。

送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ

スピード対応が自慢です!
車両運行管理サービスならお気軽にお問合せください。

スピード対応が自慢です!

  • 資料請求する資料請求する
  • オンライン商談実施中
  • 車両運行管理ラボ
Copyright(C) 2022ビジネスサポート. All Rights Reserved.