トップページ > 車両運行管理ラボ > 派遣ドライバーを活用する3つのメリットと注意点

自動車運行管理ラボ

2022.06.21 安心/安全/教育 派遣ドライバーを活用する3つのメリットと注意点

派遣ドライバー

「役員や社員の送迎を任せられる人材を確保したい…」しかし、その為の社員を抱え込むのはコスト面で厳しく、断念したということはありませんでしょうか?

企業の送迎業務は、資源や人的リソースに限りのある中小企業には大きな負担になります。ひとり確保するために、給与以外にも採用費等のコストが掛かり、場合によっては苦労して採用しても思っていたような人員を確保できないリスクもありますし、送迎要員だけで社員を抱え込むのは現実的ではありません。

そこで今回の記事では、派遣ドライバーについてメリットや注意点含め解説します。

派遣ドライバーとは?

派遣ドライバーとは、役員車の運転、バスの運転やイベント運送など利用者を送り届ける自家用自動車運行管理請負業です。昨今の労働者不足や働き方改革の流れから、派遣ドライバーの需要が高まっています。派遣ドライバーは「一定期間(スポット)のみの契約」も可能なことから、必要な時に必要な分だけ労働力を確保できるため、多くの企業が利用しています。

派遣ドライバーを活用するメリット

派遣ドライバー

派遣ドライバーを活用すれば業務に応じた人材を確保できるのは勿論ですが、それ以外の面でもメリットがあります。

 

人件費を中心に、様々なコストの削減

派遣ドライバーを活用するメリットとして一番にあげられるのは、人件費を含め様々なコストの削減です。自社で採用した場合は、給与やボーナス、福利厚生、人材育成にかかる費用、運行管理をする人材の時間まで多くのコストがかかります。一方で、派遣ドライバーの利用に必要な費用は依頼料金のみで済みます。

さらに、閑散期や繁忙期、景気や社会情勢で労働力に変動がある際に、企業で採用している場合にはシフト管理の手間を追ってしまいますが、派遣ドライバーを活用すれば必要な時に必要なだけ労働力を確保出来るので、必要なコストも最低限で済みます。

状況に応じた人材を柔軟に確保できる

自社で人員を採用した場合、実稼働に向けて研修期間が必要になるため、即戦力というわけにはいきません。しかし、派遣ドライバーは運行管理や人材教育もすべて依頼できるため、すぐに稼働ができる状態となっています。

車両の管理が不要になる

送迎業務は車両を使う以上、車両管理や整備が必要になります。手続き等の事務負担、必要な修繕や整備知識の教育まで委託会社に一任できます。また、運行ルートの作成や運行計画の策定など、運行の管理までサポートしています。運行ルートの作成・運行計画の策定を実行して、さらにより良くなるための改善を繰り返していきます。

派遣ドライバーを活用する際の注意点

派遣ドライバーを依頼するにあたってネックとなるところは費用面です。総合的に見ればコストを大きく抑えられるのは間違いありませんが、1ヶ月の費用は会社によって差があります。

また、ドライバーの業界は深刻な人手不足のため、派遣ドライバーの需要は日に日に高まっています。そのため、地域や状況次第では希望通りの依頼が難しい場合もあります。しっかりメリット・デメリットを比較して検討しましょう。

企業のコスト削減、人材確保に派遣ドライバーを活用しよう

派遣ドライバー

派遣ドライバーを活用することには人件費などのコスト削減や安定した人材の確保など大きなメリットがあるため、ドライバーを必要としている企業にはとても需要があるサービスであり、上手く利用すれば企業活動に大きく貢献できます。今後の企業活動を円滑に進めていくためにも派遣ドライバーの活用を検討してみてはどうでしょうか。

送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ送迎業務アウトソーシングをご検討中の企業様へ

スピード対応が自慢です!
車両運行管理サービスならお気軽にお問合せください。

スピード対応が自慢です!

  • 資料請求する資料請求する
  • オンライン商談実施中
  • 車両運行管理ラボ
Copyright(C) 2022ビジネスサポート. All Rights Reserved.